つくし

 

つめたい雪の下で春をまっている「つくし」。

はるかぜがふいたら、あたたかくなったら そとに出よう、

あたまを出そうと…寒い間は地面の下でかくれんぼ。

 

そんな「つくし」の自然界でのくらしが、とても分かりやすく、

やさしい色彩の挿絵と共に描かれていて、

植物の不思議な世界に引き込まれていきます。

 

春になったら、是非、野原に出かけてみてください!

あっちにも、こっちにも いっせいにあたまを出した「つくし」に

きっと出会えるはず。

 


 

<作者紹介>

●甲斐信枝

1930年生まれ。広島県出身。京都府京都市在住。絵本作家。童話雑誌「赤い鳥」の画家に師事。おもな絵本に「のげしとおひさま」「ざっそうのくらし」「ちょうちょはやくこいないかな」「大きなクスノキ」などがある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
つくし
作:
甲斐 信枝
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら