まっていたてがみ

 

ポストに自分宛の手紙が届くと、

なんだかとてもうれしい気持ちになりますよね…

この絵本は、そんな手紙を届けてくれる、

小さな村の郵便屋さん、レオのおはなし。

 

毎日、村のみんなに郵便を届けるレオには、

たったひとつ、残念なことがありました。

それは、自分宛の手紙を、まだ1度ももらったことがないこと。

 

そんなレオが、ある日、ちいさなひなどり、ピピと出会います。

月日が流れ、家族になったレオとピピでしたが…

春になり、離ればなれになってしまいます。

でも、ついに届いたのです! ずうっと待っていたものが…。

 

「ピピ語」!?で話をする二人がなんともかわいいおはなし。

そして、読んだあとには、きっと誰かに手紙を書きたくなりますよ。

 


 

<作者紹介>

●セルジオ・ルッツィア

1966年、イタリアのミラノに生まれる。1995年にアメリカに移住。おもな作品に「ときめきのへや」「アマンディーナ」がある。2011年のセンダック・フェローシップに選ばれ、「まっていたてがみ」はモーリス・センダックに直接アドバイスを受けた作品。現在、アメリカで最も期待される絵本作家の一人。ニューヨーク在住。

 

●福本友美子

公立図書館勤務の後、児童書の研究、翻訳などをする。「としょかんライオン」「ないしょのおともだち」「おじいちゃん、おぼえてる?」など多数の訳書のほか創作絵本に「図書館のふしぎな時間」がある。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
まっていたてがみ
作:
セルジオ・ルッツィア
訳:
福本 友美子
出版社:
光村教育図書

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら