わたしのゆたんぽ

 

わたし ゆたんぽ、だいすき。

でも、ゆたんぽは、わたしの つめたいあし をきらって、

わたしのこと、あんまり すきじゃないのかも。

 

あるばん、ゆたんぽは にげだしました。

わたしの あしは おいかけます。

どこまでも どこまでも…

 

ゆたんぽと わたしのあしは、いったいどこまで おいかけっこをするのでしょうか。

 

さむいよるの、ちいさくて そうだいな だいぼうけん。

 


 

<作者紹介>

●きたむら さとし

1956年 東京生まれ。1982年にイギリスで絵本作家としてデビューし、以来、イギリスを拠点に世界的に活躍を続ける。約10年前に帰国し、現在は神戸市に在住。絵本作家、イラストレーターとして活躍。デビュー作「ぼくはおこった」(評論社)でイギリスの新人絵本画家に与えられるマザーグース賞を受賞。「ぼく ネコになる」、「おんちのイゴール」などの著書の他、「ふつうに学校にいくふつうの日」(小峰書店)では絵本日本賞翻訳絵本賞を受賞。 その他「ぞうのエルマー」シリーズの翻訳者としてもおなじみ。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
わたしのゆたんぽ
作:
きたむら さとし
出版社:
偕成社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら