ラチとらいおん

 

ラチにとって、毎日はこわいものだらけ。

そんな彼の前に現れたのは、一匹のちいさならいおん。

 

一緒に体操をしたり、散歩をしたり…

ラチのそばにはいつもらいおんがいます。

 

らいおんがついていると思えば、ラチの心にも勇気が湧いてきて

泣いてばかりいた日々が、少しずつ変わっていきました。

 


 

<作者紹介>

●マレーク・ベロニカ

1937年、ハンガリーのブダペストに生まれる。国立人形劇場のスタッフとして働いた後に、絵本作家になる。絵本に『もしゃもしゃちゃん』(みやこうせい 訳/福音館書店)、『おやすみ、アンニパンニ!』(羽仁協子 訳/風濤社)などの「ブルンミとアンニパンニ」シリーズなどがある。

 

●とくなが やすもと

1912年、東京都生まれ。言語学者、ハンガリー文学者。戯曲『リリオム』(モルナール・フェレンツ 作)や、書籍『ほんとうの空色』(バラージュ・ベラ 作/講談社、のち岩波書店)など、ハンガリーの作品を中心に数多くの本を翻訳している。

 

たなか

オススメした人:たなか

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ラチとらいおん
作:
マレーク・ベロニカ
訳:
徳永 康元
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら