ぼくのたび

 

「旅に出る本」はたくさんありますが、

この本は、「旅に出たい気持ちに寄り添う本」です。

 

お客様から知らない国の話を聞いては自分のまちのことを話す。

まちのホテルの主人である「ぼく」は、そんな日々をおくっています。

やがて今夜も夢の中で、忘れられない瞬間に満ちた旅にでるのです。

 

美しい絵からは、色のない日々と、色に溢れた旅の対照的な表現を感じます。

旅に出たい理由は人それぞれ。「ぼく」には、どんな理由があるのでしょうか?

 


 

<作者紹介>

●みやこし あきこ

1982年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学中から絵本を描きはじめる。2007年より1年間ベルリンに滞在。2012年『もりのおくのおちゃかいへ』(偕成社)で、第17回日本絵本賞大賞を受賞。『よるのかえりみち』(偕成社)で、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞、ニューヨークタイムズ・ニューヨーク公共図書館絵本賞を受賞。作品に『ピアノはっぴょうかい』『これ だれの?』『ぼくのたび』(ブロンズ新社)、『のはらのおへや 』(ポプラ社)、『かいちゅうでんとう 』(福音館書店)他多数。1児の母。東京都在住。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ぼくのたび
作:
みやこし あきこ
出版社:
ブロンズ新社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら