ほしじいたけ ほしばあたけ

 

お料理のきほんと言えば「おだし」。

かつおやこんぶも素晴らしいけれど、

たいようのエネルギーをたっぷり吸い込んで

ようく乾いたほししいたけにはうま味成分がたっぷりつまっています。

 

この絵本の中ではそんな「ほしじいたけ」と「ほしばあたけ」が森で大かつやくします。

 

もちろん、たくさんのきのこ仲間も登場します。

タマゴダケ、オオワライタケ、ホウキタケ、ヌメリイグチ、キヌガサタケ…。

仲間のピンチには、きんるいたちも力を発揮してくれます。

 

ユーモア溢れる魅力的な登場人物とストーリー展開。

こどもも大人も楽しめる作品です。

 


 

<作者紹介>

●石川基子(いしかわ もとこ)

愛知県生まれ。 京都教育大学教育学部特修美術科卒業。 子育てをしながらイラストや絵本の公募に出品し、2007年にKFSアート・コンテストで優秀賞受賞。 この時描いた干ししいたけのイラストが『ほしじいたけ ほしばあたけ』の原案となる。造形教室講師として、子どもたちに一緒に遊んでもらっている。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ほしじいたけ ほしばあたけ
作:
石川 基子
出版社:
講談社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら