ぼく生きたかったよ…―くまのおやこニコーとリコー

 

この絵本は、戦時中、京都の動物園で起きた実話をもとに創作された

絵本です。

 

動物園の飼育員だったおじいさんは、

孫のけんじに、悲しく、つらい体験を語り始めました。

かあさんぐまの ニコー。

こぐまのぼうや リコー。

おじいさんが我が子のように大切にしていた くまの親子。

 

その行く末は、胸がしめつけられるような結末ですが、平和と命を考えるきっかけを改めて感じさせられる1冊です。

 


 

<作者紹介>

●鈴木麻衣子

1984年 札幌生まれ。池袋創形美術学校ビジュアルデザイン科卒。画家、絵本作家。本書はみつばち文庫2016年度第18回寄贈図書の1冊として全国2200校の小学校へ届けられました。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ぼく生きたかったよ…―くまのおやこニコーとリコー
作:
すずきまいこ
出版社:
かりん舎

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら