ぼくの草のなまえ

 

家のプランターに生えた、見覚えのない草の名前を知りたくて

おじいちゃんに電話をした太郎くん。

 

太郎くんが最初に伝えたのは

「みどりっぽいくき」に「みどりのはっぱ」があって

「ちいさな白っぽい花」が咲いている、という特徴。

 

その草について、もう少し知ることができれば

名前がわかるはずだと思ったおじいちゃんは

太郎くんに3つの質問をします。

 

刺繍によって描かれたさまざまな植物を見ながら

その名前や特徴について楽しく学べる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●長尾玲子

1963年、東京都生まれ。東京YMCAデザイン研究所デザイン科を卒業。デンマークのスカルス手工芸学校に留学し、刺繍を学ぶ。オーストラリアNMITで、イラストレーションを学ぶ。絵本に『ざっそうの名前』、『あっちゃんとゆびにんぎょう』などの「クリスマス・イブのおはなし」全3冊(以上、福音館書店)などがある。

 

たなか

オススメした人:たなか

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ぼくの草のなまえ
作:
長尾 玲子
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら