おばあちゃんのおくりもの

 

「愛を かたちにして 伝えてくれる

世界中の すべての おばあちゃんに。」

お話に入る前のこの言葉にもう、胸がきゅっとします。

 

アリーは、おばあちゃんがつくってくれた「ちびうさぎ」が大好き。

一緒に走ると楽しそうに揺れる耳と足が、とくに好きでした。

あるとき壊れてしまったちびうさぎは、おばあちゃんの手で

しっかり治ったのだけれど、耳はピシッと伸びて、もう揺れません。

「あなたは、ほんとうに わたしのちびうさぎ?」

 

やがて…、おばあちゃんとの、とつぜんの別れがやってきます。

 

アリーが本当に大切なことに気づくとき、読者もそっとやさしさに包まれる、あたたかな作品です。

 


 

<作者紹介>

●キャリー・ガラッシュ

南オーストラリア在住の児童書作家。幼稚園の教師をへて、2017年に念願だった作家デビューをはたす。デビュー作である本作で、高い評価を得た。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
おばあちゃんのおくりもの
作:
キャリー・ガラッシュ
絵:
サラ・アクトン
出版社:
WAVE出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら