この まちの どこかに

 

街の中を歩くこどもの絵に添えて、

「まちのなかのちいさなもの」に思いを馳せた文章が綴られています。

 

くらいみちはとおらないでね、クルミの枝にのぼってもいいね、

こうえんのベンチにいるおんなのこはなでてくれるよ…

 

歩くこどもに向けた文章と思い読み進めると、

そのこどもは街の中に、迷い猫のポスターを貼りました。

小さな違和感が答えに繋がり、別の捉え方が必要だと分かります。

 

「しんじてる。きみはきっとだいじょうぶ。」

猫を探す小さな男の子の愛情が、心に刺さる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●シドニー・スミス(Sydney Smith)

カナダのノヴァ・スコシア州郊外に生まれる。ノヴァ・スコシア美術デザイン大学卒業。ジョナルノ・ローソン原案の文字のない絵本『おはなをあげる』(ポプラ社)で、カナダ総督文学賞(児童書部門)、ニューヨークタイムズ・ニューヨーク公共図書館絵本賞など、さまざまな賞を受賞する。海辺の炭鉱のまちのいちにちを描いた『うみべのまちで』(BL出版)で、2018年にケイト・グリーナウェイ賞を受賞。2児の父。家族とともにトロントに在住。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
この まちの どこかに
作:
シドニー・スミス
訳:
せな あいこ
出版社:
評論社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら