雨がふったら、どこへいく?

 

街のマンションに住むリュックとマリオン。

双子のちびっ子は、仲良しのお兄さんステフと一緒に沼にでかけます。

あたりにはいろいろなどうぶつや虫たちがいっぱい!

ところが雨がふりだすと… あれれ? みんなどこへいくのかな?

 

雨が好きないきもの、苦手ないきもの。

それぞれのいきものが雨のときどんなふうに過ごしているのか、

美しいイラストと共に詳しく紹介されています。

雨のあとにみえるにじのひみつも。

 

巻末では本文の内容がさらに深く丁寧に説明されており、

物語でもあり、大人も楽しめる科学読みものでもあるすてきな作品です。

 


 

<作者紹介>

●ゲルダ・ミューラー(Gerda Muller)

1926年、オランダ生まれ。 アムステルダムのデザイン学校を卒業後、ロジャンコフスキーに憧れ、パリに移る。 20代から現在に至るまで、精力的に絵を描きつづけている。 おもな作品に『ソフィーのやさいばたけ』(BL出版)、『3びきのくま』(評論社)など。

 

●いとうなおこ(伊藤直子)

新潟県生まれ。東洋大学文学部卒業。フランス語翻訳家。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
雨がふったら、どこへいく?
作:
ゲルダ・ミューラー
訳:
いとうなおこ
出版社:
評論社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら