うしとざん

 

うしとざん

ってなんだと思いますか?

 

言葉のとおり、うしにのぼることです。

 

のぼりやすいのは、はんぶんねているようなうし。

つかんで ぎゅ! つかんで ぎゅ!

うしの短い毛をつかんでえんえんのぼっていき、たどりついたうしの背中では…

自転車移動はあたりまえ、うしの上にうしの群れ、なんと美味しいめしやまで…?

 

主人公は、無事うしにのぼっておりてこられるのでしょうか。

 

あなたも、うしとざん してみたいですか?

 


 

<作者紹介>

●高畠 那生

1978年岐阜県生まれ。絵本作家。主な作品に『ぼく・わたし』『チーター大セール』(ともに絵本館)『いぬのムーバウいいねいいね』(講談社)『おまかせツアー』(理論社)『ぞうの金メダル』(作・斉藤洋/偕成社)『飛んでった家』(作・クロードロワ/訳・石津ちひろ/長崎出版)がある。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
うしとざん
作:
高畠 那生
出版社:
小学館

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら