あのくも なあに?

 

雲のかたちに名前をつけたことはあるかな?

 

空に浮かんだ、いろいろな雲。

 

まぶしい朝日に、ねぼすけ巨人がしめた空をおおうカーテン雲。

たくさんのざぶとん雲の上では、天狗たちがのんびり空のティータイム。

おどる風の子のわすれもの、かみをかざるリボン雲。

 

大きく大きくなってゆく入道雲の中に住んでいるのはなんだろね。

竜の親子?きっとそうだよ。そうかもね。

 

見上げるとふくらんでゆく空のくらしの風景。

みつけた雲は、いったい何にみえるかな?

 


 

<作者紹介>

●富安 陽子

1959年東京都に生まれる。児童文学作家。 『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会賞新人賞、小学館文学賞受賞、『小さなスズナ姫』シリーズで新美南吉児童文学賞を受賞、『空へつづく神話』でサンケイ児童出版文化賞受賞、『やまんば山のモッコたち』でIBBYオナーリスト2002文学賞に、『盆まねき』で野間児童文芸賞を受賞。「ムジナ探偵局」シリーズ(童心社)、「シノダ!」シリーズ(偕成社)、「内科・オバケ科 ホオズキ医院」シリーズ(ポプラ社)、「やまんばあさん」シリーズ「妖怪一家 九十九さん」シリーズ(理論社)、YA作品に『ふたつの月の物語』など、著作は多い。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
あのくも なあに?
作:
富安 陽子
絵:
山村 浩二
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら