超福祉絵本展

9/3〜9/9まで渋谷で開催された『超福祉展』にて

ミッカがおこなった”超福祉絵本展”の巡回展示。

“超福祉”にちなんだ5つのテーマで100冊の本を選びました。

あなたが手にとった本は、どんな”超福祉”をかたりかけてくれるでしょうか?

 

 

〜超福祉展とは〜

NPOピープルデザイン研究所が主催し、

2014年より毎年9月の一週間、渋谷ヒカリエを中心に開催を続けている展示会

 

 

‥‥そもそも、”超福祉”って?

“超福祉”の視点では、いままでの福祉のイメージ、「ゼロ以下のマイナスである

『かわいそうな人たち』をゼロに引き上げようとする」のではなく、

全員がゼロ以上の地点にいて、混ざり合っていることを当たり前と考えます。

ハンディキャップがある人=障害者が「カッコイイ」「カワイイ」と

憧れられるような未来を目指し、「意識のバリア」を「憧れ」へ転換させる

心のバリアフリー、意識のイノベーションを“超福祉”と定義します。

 

—————————————————————-

場所:ミッカ ギャラリー

会期:2019.9.15〜10.30

料金:無料

中学生以上の方は別途ミッカの入館料がかかります。

おとな(高校生以上)のみでの入館はできません。

お子さまと一緒におこしください。

—————————————————————-

ミッカ入館料

1日券:200

パスポート(6ヶ月):1,000

小学生以下:無料

ミッカは子ども図書館のため、16歳以上の方のみでの入館はできません。

お子さまと一緒にお越しください

日付
9/15
料金
無料
定員
なし