エンザロ村のかまど

 

みなさんは「かまど」を知っていますか?

ガスや電気が通っていなかったころ、日本ではかまどに薪を燃やして

煮炊きをしていました。

 

この本の舞台は日本から遠く離れたアフリカです。

ケニア北西のエンザロ村ではどこの家にもかまどが見られます。

日本から一万キロ以上も離れたアフリカの村に、

なぜかまどが見られるのでしょう。

 

かまどがもたらした効果とは?

日本とケニアのふしぎなつながりについて緻密な取材から丁寧に

描かれた一冊です。

 


 

<作者紹介>

●さくまゆみこ

東京生まれ。出版社勤務を経て、翻訳家・編集となる。JBBY会長、「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表。著書に『どうしてアフリカ? どうして図書館?』(あかね書房)など。アフリカ系アメリカ人を主人公にした絵本の翻訳に『ローザ』。翻訳で産経児童出版文化賞、日本絵本賞、ゲスナー賞などを受賞している。訳書に『ゆき』『シャーロットのおくりもの』(ともにあすなろ書房)など多数。

 

●沢田としき

1959年 青森県生まれ。イラストレーター、絵本作家、ステージ美術など幅広く活躍。阿佐ヶ谷美術専門学校ビジュアルデザイン科卒業。1979年より『ガロ』などに漫画作品を発表。創作絵本『アフリカの音』(講談社) で ’96日本絵本賞、絵本『てではなそう きらきら』(佐藤慶子 文/小学館) で第8回日本絵本賞読者賞、絵本『ピリカ、おかあさんへの旅』(越智典子 文/福音館書店) で’07児童福祉文化賞受賞。2010年永眠。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
エンザロ村のかまど
作:
さくま ゆみこ
絵:
沢田 としき
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら