おふとんのくにのこびとたち

 

おねつがでてしまった ひさこちゃん。

おとなしく ねていなければいけません。

「ふぅ、あつい・・・」

からだにかかった おふとんで、おやまを つくってみると、

ひみつのけしきが めのまえに ひろがっていきました。

おふとんのくにの こびとたちが ふらしてくれた ゆき。

 

かるくて やわらかそうで、なんだか とっても きもちがよさそう。

 

こびとたち とくせいの ”熱サマシ機” の製法つき。

おねつが さがるのは、こびとたちの おかげかも しれません。

 


 

<作者紹介>

●越智 典子

1959年東京生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。絵本や読みもの・科学絵本・翻訳など、多方面で活躍中。おもな作品に、『ここにも、こけが…』『ピリカ、おかあさんへの旅』「ラビントットと空の魚」シリーズ、『いのちのなぞ』(上下巻)、『てりふり山の染めものや』『ツーティのうんちはどこいった?』『おふとんのくにのこびとたち』など、おもな訳書に『サルってさいこう!』、『いろいろ いっぱい』、『アラビア数学奇譚』などがある。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
おふとんのくにのこびとたち
作:
越智 典子
絵:
出久根 育
出版社:
偕成社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら