ママはかいぞく

 

ぼくのママはかいぞくなんだ。

たからの島を見つけるには時間がかかるけど

ぼうけんが始まるときに仲間と強いチームを作ったんだって。

 

作者自身のがんとの闘いを航海に例えた絵本です。

治療で起こる副作用や手術によるキズを、小さな子どもにも

分かるように優しい表現で描いています。

 

家族や仲間の支えで荒波を乗り越え、

無事航海を終えた作者からの力強いメッセージが

伝わってくる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●カリーヌ・シュリュグ

フランス、リールのビジネススクールで修士号を取得したのち、フリーのコンサルタントとなる。現在はモンテッソーリ教育法の教師を務めながら、絵本を執筆。パリ在住。四児の母でもある。

 

●やまもとともこ

フランス語翻訳家。絵本から政治・経済系ノンフィクションまで幅広いジャンルの翻訳を手掛ける。児童向けの訳書に「カバくんのおしり」(ソニーマガジンズ)、「旅するヤギはバラードを歌う」(早川書房)などがある。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ママはかいぞく
作:
カリーヌ・シュリュグ
絵:
レミ・サイヤール
訳:
やまもと ともこ
出版社:
光文社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら
採用
情報
<