いちはちじゅうのもぉくもく

 

落語絵本です。

 

「平林」と書かれた手紙を届けるように言われたものの…

漢字が読めないかめきちは、

誰に届けていいのかわかりません。

 

読み方を聞いても、答えがみんな違うのです。

 

無事に平林さんに届けることができるのでしょうか。

 

そして「平林」という漢字は

いろんな読み方ができるみたいですね。

 

皆さんは、なんと読みますか…?

 


 

<作者紹介>

●桂 文我

1960年、三重県松阪市生まれ。 二代目枝雀入門し、1995年、四代目桂文我を襲名。
定番の名作落語に加え、古い落語資料から、収拾した数多くの古いネタも得意とする、人気上方落語家。
子どもを対象とした「おやこ寄席」では、古典落語を表情豊かに演じ、全国の子どもたちに落語の楽しさを伝えている。
主な絵本作品に「えほん寄席」シリーズ(小学館)、『ちゃっくりがきぃふ らくご絵本』(福音館書店)、『りゅうぐうじょうでさがしもの』(童心社)、『落語絵本 しまめぐり』(ブロンズ新社)他多数。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
いちはちじゅうのもぉくもく
作:
桂 文我
絵:
長野 ヒデ子
出版社:
BL出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら