マンホールからこんにちは

 

おつかいのかえりみち、かどをまがると、

みちのまんなかに でんしんばしらが立っていた。

へんだなと おもってちかづくと、それは マンホールから

くびだけ出した きりんだった。

 

ぼくのおつかい、いったいどうなっちゃうんだろう?

 

奇想天外だけど実は、

逃げ出したペットが下水道のなかで大きくなっているという

現実の事件から着想を得て書かれています。

 

もしかしたら、下水工事のおじさんたちは、

みんなのために猛獣と戦って守ってくれているのかもしれません。

 


 

<作者紹介>

●いとう ひろし(伊東寛)

1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。
独特のユーモラスであたたかみのある作風の絵本・挿絵の仕事で活躍中。おもな作品に 「おさるのまいにち」シリーズ(講談社刊、路傍の石幼少年文学賞受賞)、「ルラルさんのにわ」シリーズ(絵本にっぽん賞受賞)「くもくん」(以上ポプラ社刊)、「あぶくアキラのあわの旅」(理論社刊)、「ごきげんなすてご」シリーズ、「ふたりでまいご」「ねこと友だち」「マンホールからこんにちは」「アイスクリームでかんぱい」「あかちゃんのおさんぽ①②」「ねこのなまえ」(以上徳間書店刊)など。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
マンホールからこんにちは
作:
いとう ひろし
出版社:
徳間書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら
採用
情報
<