バッタさんのきせつ

 

手のひらにのせると、すぐにピヨーンと飛んでいってしまう…。

草むらの中に隠れてしまうと、見つけるのはとてもむずかしい…。

そんな、小さなバッタさん。

 

この絵本は、そんな1匹1匹のバッタさんの、生き生きとした描写が描かれています。

 

ボールなげ、つなわたり、ボーリングをするバッタのようす…

嵐の中のバッタ、秋祭りを行うバッタ…

繊細に描かれているバッタの面白い生き様とともに、1ページ毎に

そっと詩が添えられていて、季節の移り変わりも、優しく感じとることができます。

 

初夏から秋にかけて、もしもバッタを見つけることができたら

思わず「今、なにしてるの?」と話しかけてしまうかもしれません。

 


 

<作者紹介>

●エルンスト・クライドルフ

1863年スイス生まれ。リトグラフの徒弟修行の後、ドイツのミュンヘンの工芸学校、さらにミュンヘン美術大学に学ぶ。ドイツ各地で画家として生計を立てていたが、体調を崩してアルプスのふもとの村で静養生活を送った。そこでアルプスの自然に親しむうちに処女作「花のメルヘン」の構想を得て、その後は絵本制作に専念。スイスの代表的な絵本作家のひとりとなる。

 

●佐々木田鶴子

香川県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、6年あまりドイツに滞在し、ミュンヘン国際児童図書館日本語部門の設立に携わる。帰国後、ドイツ児童文学や絵本の翻訳家として活躍。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
バッタさんのきせつ
作:
エルンスト・クライドルフ
訳:
佐々木 田鶴子
出版社:
ほるぷ出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
事前来館予約を
ご希望の方はこちら
採用
情報