いつもおまえの気配をさがしていた クマと 森と わたし

 

「カサカサなる 笹の葉 ひんやりした 森の空気…

ーこの風のなかにすわって 絵を描くこと…

それは とおい都会にいたときに 涙が出るほど 夢見ていたこと…」

 

そんな語りから始まる、多くのクマと森が描かれた1冊。

独特のペンのタッチで、細密ながら圧倒的な、命ある自然が描かれています。

 

絵を見ていると、まるでわたしたちも作者のすずきさんの

目を鼻を肌を使って森を感じているような気持ちに。

 

気づくと、すずきさんの胸に棲みついた星になった1頭のクマが、

わたしの中にも現れ、神秘と尊厳と、恩愛の情をもたらしていました。

 

 


 

<作者紹介>

●すずきまいこ

1984 札幌生まれ
2006 池袋創形武術学校ビジュアルデザイン科卒

自然の中で、地元に根づいて絵を描く作家になりたいと帰札
札幌、函館、旭川、京都などで個展多数
絵本に「ぼく 生きたかったよ〜くまのおやこニコーとリコー〜」(2015年かりん舎)

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
いつもおまえの気配をさがしていた クマと 森と わたし
作:
すずきまいこ
出版社:
かりん舎

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら