どろんここぶた

 

なによりも、どろんこになることが だいすきなこぶた。

やわらかいどろの中に座って、しずんでゆくことがだいすき。

 

ある日 おひゃくしょうのおばさんは、

こぶた のお気に入りのどろを、ぴっかぴかにおそうじしてしまいました。

おこった こぶた はうちを出て行ってしまって…

 

どのページにも、赤色が使われていない絵が、不思議です。

おばさんが掃除機ひとつでどこもかしこも綺麗にしていく

場面には憧れてしまいますね…!

 


 

<作者紹介>

●アーノルド・ローベル

1933年アメリカ ロサンゼルス生まれ。高校卒業後ブルックリンの「プラット・インスティテュート」に入学。本のイラストレーションを学ぶ。ポーランド生まれのアニタ・ローベルと出会い結婚。『わたしの庭のバラの花』など、ローベルが文、アニタが作画を担当した絵本も出版されている。『ふたりはともだち』でコルデコット賞次賞と全米図書賞、『ふたりはいっしょ』でニューベリー賞、『どうぶつものがたり』でコルデコット賞を受賞。20世紀アメリカを代表する絵本作家となる。その他の作品に『ふくろうくん』『おはなしばんざい』(以上文化出版局刊)などがある。1987年ニューヨークの病院で他界。

 

きくち

オススメした人:きくち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
どろんここぶた
作:
アーノルド・ローベル
訳:
岸田 衿子
出版社:
文化出版局

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら