あめふりうさぎ

 

大雨の日に生まれた「うさぎさん」が泣くと、必ず雨が降るというお話です。

 

泣くとみんなから、迷惑がられてしまう、少し可哀想なうさぎさん。

 

ある日、遠足の日に、熱を出してしまいます。

泣きたい気持ちをぐっと堪え、みんなのためにも泣くのを我慢する…

そんなうさぎさんに、とっても良いことが…!

 

この時期、うさぎさんは、たくさん涙を流してるのかな。

梅雨の季節の読み聞かせにぴったりの絵本です。

 


 

<作者紹介>

●せな けいこ

東京生まれ。武井武雄氏に師事。1970年、「いやだいやだの絵本」でサンケイ児童文学賞受賞。児童出版美術家連盟会員。「あーん あんの絵本<全4冊>」(福音館書店)、「おおきくなりたい<全4冊>」(偕成社)、「ばけものつかい」(童心社)、「おばけのてんぷら」(ポプラ社)などの作品がある。ほかに紙芝居、装丁、さしえなど幅広い分野で活躍中。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
あめふりうさぎ
作:
せな けいこ
出版社:
新日本出版社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら