てん

 

お絵かきが大嫌いな女の子、ワシテ。

そんなワシテに、先生が言います。

「なにか しるしをつけてみて」

 

ワシテは、苦し紛れにちっぽけな「てん」をひとつ描きました。

すると、次の週、ワシテはびっくり!

立派な金色の額縁に入ったワシテの「てん」!

 

それから、ワシテはたくさんの「てん」を描き始めます。

きいろ、みどり、あか、あお…の「てん」。

おおきな「てん」、「てん」を作ることまで…。

 

ほんの小さなことがきっかけで、だれでも自由に羽ばたけるんだ…と気付かせてくれる素敵な絵本です。

水彩絵の具と紅茶で描かれた、優しい色合いの挿絵にも、心が

ほっこりします。

 


 

<作者紹介>

●ピーター・レイノルズ

1961年カナダ生まれ。小さい頃から物語や漫画をかいて育つ。
学校向けのコンピューターソフトなどを販売する会社で副社長を務めた後、独立してアニメーションの会社をおこし、子供向けのテレビ番組や教育ビデオを制作。マサチューセッツ州在住。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
てん
作:
ピーター・レイノルズ
訳:
谷川 俊太郎
出版社:
あすなろ書房

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら