誰も知らない世界のことわざ

 

「猿も木から落ちる」「頭隠して尻隠さず」

「笑う門には福来たる」

普段、何気なく口にしている「ことわざ」。

 

でも…アレアレ??

「泳ぎながら 水を飲む」インドネシア語

「エビサンドにのってすべっていく」スウェーデン語

「あごひげが 郵便受けにはさまってしまう」ノルウェー語

これも「ことわざ」。

 

文化によって、食べ物や服が違うように…

言語の数だけ、それぞれの世界観がある…

そんな、シンプルな驚きを改めて感じさせてくれる1冊。

 

地球上に存在する様々な言語。

1度ことわざに着目して、ちょっと触れてみませんか?

 


 

<作者紹介>

●エラ・フランシス・サンダース

必然としてライターになり、偶然イラストレーターになった。
現在、イギリスのバースに住んでいる。彼女の最初の本(邦訳「翻訳できない世界のことば」)は、ニューヨークタイムズ・ベストセラーになり、そしておそらく皮肉なことに、たくさんの国で「翻訳されて」刊行されている。

 

かすかわ

オススメした人:かすかわ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
誰も知らない世界のことわざ
作:
エラ・フランシス・サンダース
訳:
前田 まゆみ
出版社:
創元社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら