とんでいった ふうせんは

 

この絵本は、孫(ぼく)と認知症のおじいさんのお話です。

 

思い出がたくさん詰まった 色とりどりの風船。

おじいちゃんは、その風船をどんどんどんどん飛ばしてしまいます。

ぼくは、必死においかけますが、遠くへ飛んでいってしまいます。

とうとう最後の風船も‥

 

少し悲しいお話かもしれませんが、最後は心が温かくなる絵本です。

 


 

<作者紹介>

●ジェシー・オリベロス

絵本作家、児童文学作家。アメリカ・カンザス州生まれ。
ユタ州で大学生活を送り、循環器系の看護師としてのキャリアのあと、作家活動をスタート。
現在はテキサス州サンアントニオで夫と4人の子どもたちと暮らす。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
とんでいった ふうせんは
作:
ジェシー・オリベロス
絵:
ダナ・ウルエコッテ
訳:
落合 恵子
出版社:
 絵本塾出版

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら