落ち葉のふしぎ博物館

 

さいきん公園や森にお散歩に行きましたか?

 

落ち葉拾いをしてると、いろいろなふしぎに気づきます。

同じ木の落ち葉でも少しずつ違って、落ち葉の見かけはいろいろです。

葉の大きさや形、色づき、落ち葉に集まる虫たちも…

みんなそれぞれ個性的!

 

おまけのドングリと、葉の落ちた枝も見逃せません。

これって秋だけ?

いえいえ、春の落ち葉もあります。並べてみたら博物館ができました。

 

この本と虫メガネを持って、公園や森や山にお出かけしたくなる!

自然を感じ、めをつむって深呼吸したくなる一冊です。

 


 

<作者紹介>

●盛口 満(もりぐちみつる)

1962年千葉県生まれ。千葉大学理学部生物科卒業。博物学者、フリーライター、イラストレーター。あだ名は「ゲッチョ」。自由の森学園中学校・高等学校教諭を経て、珊瑚舎スコーレ講師、沖縄大学人文学部准教授。編著に「 木にならう 種子・屋久・奄美のくらし」「 ソテツは恩人 奄美のくらし」他多数。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
落ち葉のふしぎ博物館
作:
盛口 満
出版社:
少年写真新聞社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら