海のアトリエ

 

影響を受けたひとはいますか?

 

作者が子どものころに絵を習っていた画家の先生は

「子どもを子どもあつかいしないおとな」でした。

 

この本の主人公は、小学生の女の子の、おばあちゃん。

むかし、学校が苦手になってお休みしてるときに

「こどもをこどもあつかいしないおとな」に出会ったときのお話です。

 

学校を休んで、海辺のアトリエに暮らす絵描きさんと過ごした夏の日のことは、

おばあちゃんにとって、いつまでも色あせない、特別な思い出でした。

 

こわばったこころがゆっくりほどけていくような

優しい気持ちにあふれた一冊です。

 


 

<作者紹介>

●堀川理万子(ほりかわ りまこ)

1965年東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。画家として絵画作品による個展を定期的に開きながら、絵本作家、イラストレーターとして作品を発表している。おもな絵本に、『権大納言とおどるきのこ』、『くだものと木の実いっぱい絵本』、『おひなさまの平安生活えほん』、『けしごむぽん いぬがわん』、『びっくり まつぼっくり』(多田多恵子)、『氷河鼠の毛皮』(宮沢賢治)などがある。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
海のアトリエ
作:
堀川理万子
出版社:
‎ 偕成社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら