くさをはむ

 

ただ、ひたすらにシマウマが草をはんでいます。

「はむ」とは、「食べる」の古い言い方。

遠いむかしの詩や歌、ものがたり・日記の中に使われた日本古来のことばです。

 

くさをはむ

すなあびる

かおよせる

5音の繰り返しがじわじわと沁みてきます。

 

シマウマの遊びは、くさごっこ。

「ぼくらのいちにちこんなかんじ」

 

 


 

<作者紹介>

●おくはらゆめ

1977年、兵庫県生まれ。辻学園日本調理師専門学校卒業。2005年、MOE絵本・イラスト大賞 年間グランプリ佳作、2006年、第12回おひさま大賞最優秀賞、2007年、第8回ピンポイント絵本コンペ入選。『ワニばあちゃん』(理論社)でデビュー、同作で、第1回MOE絵本屋さん大賞新人賞入賞。『くさをはむ』(講談社)が第41回講談社出版文化賞絵本賞受賞。その他主な作品に、『チュンタのあしあと』(あかね書房)、『まんまるがかり』(理論社)『やきいもするぞ』(ゴブリン書房)など多数。

 

つぼうち

オススメした人:つぼうち

この人がオススメした本一覧

タイトル:
くさをはむ
作:
おくはら ゆめ
出版社:
講談社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら