ゆうれいとすいか

 

ゆうれいは怖~いと思っていませんか?

この絵本をよんだら、ゆうれいへのイメージが変わるかもしれません。

 

暑い日、男のひとが井戸で冷やしていたすいかを食べてしまったゆうれい。

気の弱いゆうれいは叱られて、おわびに言うことをきくことに。

 

まず頼まれたのは、蚊退治!

ゆうれいは、ところてんをつくる道具を用意してもらいます。

どうやって使うのでしょう?

 

そして、つぎにお願いされたのは…

おもいもかけない方向へ話は進んでいきます。

 

小気味よい涼しさを感じられる一冊。

 


 

<作者紹介>

●くろだかおる

絵本作家。和光大学人文学部人間関係学科卒業。リズミカルでユニークな世界観が多くの読者を魅了している。父親は落語家の6代目柳亭燕路(1991年没)、母親は絵本作家のせなけいこ(瀬名恵子)、兄は言語学者の黒田龍之助。作品に、「ゆうれいとすいか」「ゆうれいとなきむし」『ゆうれいとどろぼう』(以上ひかりのくに)、『はやおきおばけ』『おまつりおばけ』(共にフレーベル館)、母親とのエピソードから生まれた『おとうふ2ちょう』(絵・たけがみたえ/ポプラ社)がある。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ゆうれいとすいか
作:
くろだかおる
絵:
せな けいこ
出版社:
ひかりのくに

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら