ぼくの ポーポが こいを した

 

おばあちゃんが、

ぼくのぬいぐるみのポーポとけっこんすることになった。

そんなの絶対に変。

だっておばあちゃんは人間だし、ポーポはぬいぐるみだ。

 

「そうだろうねえ」とおばあちゃんは笑う。

「でもね、恋はへんなんだよ。へんになるのが恋なんだから」

そして、ふたりは結婚式をあげた。

おばあちゃんはとても幸せそう。

 

きっと当たり前や常識って人それぞれちがうんですよね。

 


 

<作者紹介>

●村田 沙耶香

1979(昭和54)年千葉県生れ。 玉川大学文学部芸術文化学科卒。 2003(平成15)年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)受賞。 2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年「コンビニ人間」で芥川賞受賞。

 

すぎもり

オススメした人:すぎもり

この人がオススメした本一覧

タイトル:
ぼくの ポーポが こいを した
作:
村田 沙耶香
絵:
米増 由香
訳:
編集:瀧井 朝世
出版社:
岩崎書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら