魔女たちのあさ

 

太陽が沈んで、夜になると魔女の住む森が目を覚まします。

 

魔女たちにとっては、私たちの晩ご飯が、朝食なのです。

今日のごはんは

”こうもりシチュー”や、”くものいとのパン” にするようです。

その後は、ほうきで夜空を駆け巡る。

 

「ホッ ホーッ ホホーッ!」

魔女たちの叫びが木霊する。

読み終えたあと、夜の音に耳をすませたり、

夜空を見上げたりしたくなるかもしれませんよ。

 


 

<作者紹介>

●エドリアン・アダムズ

1906年アメリカのアーカンソー州生まれ。
ミズーリ大学を卒業後、アメリカン・スクール・オブ・デザインでイラストを学ぶ。その後アート・ディレクターの仕事に就く。1960年に「Houses from the Sea」、1962年に「The Day We Saw the Sun Come Up」で、コールデコット賞を受賞し、1968年には「Jorinda and Joringel」で、ボストングローブ・ホーンブック賞を受賞。

 

つかだ

オススメした人:つかだ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
魔女たちのあさ
作:
エドリアン・アダムズ
訳:
奥田 継夫
出版社:
アリス館

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら