あきのセーターをつくりに

 

ひんやりした風が頬をなでる秋の朝、

りすのすりちゃんが春にしまったお気に入りのセーターをだすと、

おやおや つんつるてん。

仕立て屋のきつねのミコさんに大きくしてもらいにいくことに。

 

セーターをつくるため、すりちゃんの気分をたずねるミコさん。

秋の山には何がある?

秋の音って、どんな音?

秋になったら何が食べたい?

秋の葉っぱは、どんな色?

そして…

長い長い秋の夜、すりちゃんが喜ぶことを思いえがきながら、ミコさんはセーターを編んでいきます。

 

いったいどんな素敵な秋のセーターができあがるのでしょうか。

あなたもミコさんにセーターを編んでもらいたくなってしまうかもしれません。

 


 

<作者紹介>

●石井 睦美

神奈川県生まれ。『五月の初め、日曜日の朝』で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞を受賞。他にも、絵本の翻訳『ジャックのあたらしいヨット』(産経新聞出版文化賞)、『皿と紙ひこうき』(日本児童文学者協会賞)、駒井れん名義の『パスカルの恋』で朝日新人文学賞を受賞。著書に「すみれちゃん」シリーズ、『キャベツ』『兄妹パズル』『卵と小麦粉それからマドレーヌ』『群青の空に薄荷の匂い』、『おにんぎょうさんのおひっこし』『あそびましょ』『しろうさぎとりんごの木』、絵本の翻訳に『美女と野獣』など。

 

はまの

オススメした人:はまの

この人がオススメした本一覧

タイトル:
あきのセーターをつくりに
作:
石井 睦美
絵:
布川 愛子
出版社:
ブロンズ新社

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら