黒ねこのおきゃくさま

 

厳しい寒さの、嵐の夜のこと。

おじいさんの家にやってきた、痩せ細ってびしょ濡れの

ひもじく震える黒ねこのおきゃくさま。

 

おじいさんは、わずかな食べ物やだんろの薪の全てを

黒ねこが欲しがるままに全て使ってしまいます。

 

自分のものは何もなくなってしまっても、おじいさんは言うのです。

「なんて心地がいいんだろう。なんてしずかな気持ちだろう。

なんて心がいっぱいなんだろう。」

 

おじいさんの優しさが起こす冬の奇跡に、寒さも忘れ心温まる1冊です。

 


 

<作者紹介>

●ルース・エインズワース

イギリスの児童文学作家、マンチェスター生まれ。BBCラジオ番組┌Listen With Mother┌台本作家としても活躍。主な作品に、『こすずめのぼうけん』『ゆうびんやさんはだれ?』(以上福音館)『雪だるまのひみつ』『ようせいのゆりかご』『グッディさんとしあわせの国』(岩波書店)がある。

 

キクチ

オススメした人:キクチ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
黒ねこのおきゃくさま
作:
ルース・エインズワース
絵:
山内 ふじ江
訳:
荒このみ
出版社:
福音館書店

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら