おおきいツリーちいさいツリー

 

もうすぐクリスマスです。

ウィロビーさんのおやしきに、見たこともないような大きなツリーが

届きました。

さっそく大広間に運ばれましたが…ツリーの先が天井につっかえて

弓なりに曲がっているではありませんか。

そこで、ツリーの先を斧でばっさり!

 

 

さあ、ここからツリーの先っぽのリレーが展開されていきます。

小間使いのアデレード、庭師のチム、くまのバーナビー…

次々とみんなのおうちに合わせたサイズになっていくツリー。

最後にツリーの先っぽを見つけて大喜びするのは…?

 

アメリカで長く愛されてきた可愛らしいクリスマス・ストーリー。

1年の終わりに是非どうぞ!

 


 

<作者紹介>

●ロバート・バリー

1931年、アメリカのロードアイランド州ニュウーポートに生まれる。

ロードアイランド・デザイン校を卒業後、スイスのチューリッヒの美術工芸学校、ドイツのミュンヘンの美術アカデミーで学ぶ。1957年、はじめての本「フェイント・ジョージ」で、ニューヨーク・タイムズ紙のベスト・テンに選ばれる。1963年に刊行された「おおきいツリーちいさいツリー」が評判となり、その後も絵本の制作に携わっている。

 

●光吉夏弥

1904~1989。佐賀県に生まれる。慶応義塾大学卒業。毎日新聞の記者を経て、絵本・写真・バレエの研究や評論で活躍。エッチ・エイ・レイの「ひとまねこざる」シリーズ、マンロー・リーフの「はなのすきなうし」、アンデルセンの「スズの兵隊」、シャーマットの「ぼくはめいたんてい」シリーズなど、多くの児童書の翻訳を手がけている。

 

カスカワ

オススメした人:カスカワ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
おおきいツリーちいさいツリー
作:
ロバート・バリー
訳:
光吉 夏弥
出版社:
大日本図書

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら