もりのてぶくろ

 

しずかな森に落ちた一枚のきいろの葉。

まるでてぶくろのような葉っぱをみつけた動物たちは、

じぶんのてにあうかなと、てをあててみます。

 

ねずみの小さなて、うさぎ、きつね、大きな大きなくまのて。

なかなかてぶくろにぴったりのてはありません。

そこにとおりかかったのは…

 

うつくしい絵に魅入られているうちに、あなたのてもそっとあててみたくなってしまうかもしれません。

 


 

<作者紹介>

●八百板 洋子

日本の翻訳家。 1946年、福島県に生まれる。 本姓・折坂。 中央大学文学部卒業後、1970年ブルガリアのソフィア大学大学院に留学。 1976年『ふたつの情念』、96年『吸血鬼の花よめ』で日本翻訳文化賞を受賞。 99年の『ソフィアの白いばら』で産経児童出版文化賞、日本エッセイストクラブ賞受賞。

 

ハマノ

オススメした人:ハマノ

この人がオススメした本一覧

タイトル:
もりのてぶくろ
作:
八百板 洋子
絵:
ナターリア・チャルーシナ

アマゾンで購入する

オススメキーワード一覧

おうちでミッカ
特設ページはこちら
来館予約はこちら